13 8月

消費者金融比較サイトの利用方法

ネット上には、様々な比較サイトが存在します。
物を購入したいと考えた時等、しっかりと消費者金融 限度額比較検討しておく事で、より良い物をより安く購入する事が出来ます。
こうした比較サイトは、サービスに関する情報を比較するサイトも多く、その中のひとつが、消費者金融比較サイトです。
消費者金融比較サイトを利用するメリットは、手軽に複数の消費者金融のサービス内容や金利や手数料、審査に関する情報等を比較検討できる事です。
初めて消費者金融を利用する場合、本当に良い消費者金融の選び方、安心して利用できる消費者金融の選び方が分からないという人も多いでしょう。
更に、業者の名前だけでは、そこが消費者金融かどうかも判断できないという人もいるでしょう。
そんな時、消費者金融比較サイトを確認すれば、消費者金融に関する必要な情報を手軽に集める事が出来ます。
この際、重要になってくるのが、サイトに書かれている金利や手数料等の情報は参考にしても、ランキング等の順位は鵜呑みにしない事です。
こうした比較サイトは、消費者金融を紹介すれば、サイトの管理人に収入が入るという仕組みになっている事も少なくありません。
ですから、管理人がおすすめしている消費者金融は、管理人にとってメリットが大きい業者でも、利用する側にとってはそれ程、メリットがない業者という可能性もあります。
ですから、消費者金融比較サイトを利用する時は、必要な情報を確認し、自らの頭でしっかりと比較検討していく事がおすすめです。

27 12月

カードローンの審査に合格できない!

カードローンの審査基準については、取扱会社で異なっており、一概にいうことはできません。
また明確な基準は、基本的には公開されていません。
例えば「年収○○円以上なら合格!」というようなことはあり得ないのです。
カードローンの審査に不合格になった方は、その明確な理由を知ることができません。
単に「当社の基準に合格できませんでした」と通知されるだけです。
しかし、そこには必ず何らかの問題が潜んでいるはずなのです。
そこで、多くの方が陥りやすい注意点について考えてみましょう。
○申込内容に虚偽がないか。
あなたは嘘をつく方を信用できるでしょうか。
カードローンの審査は、申込者の返済能力を判断するとともに、申込者の信用力を判断することでもあります。
お金を貸すのに、信用の無い方は、問題外でしょう。
年収を多めに申告する。
他社の借入を少なく記載する。
勤続年数を長く記入する。
このような嘘の申込を行っていないでしょうか。
審査の担当者は、金融のプロです。
仮に確認書類を見なくても、これらの嘘を見抜く能力を備えています。
そして、申込内容が嘘であると分かると、申込者の信用は一気に崩れ去り、その結果審査に合格できなくなってしまいます。
どうしても審査に合格したいと思う気持ちは、分からなくもありませんが、このような嘘の申込は厳禁です。
○申込内容に誤りがないか。
嘘をつくわけではなく、単純に記入間違いを犯す方も意外と多くいらっしゃいます。
住所や電話番号を間違えてしまうと、確認を行うことができなくなります。
いつまでも確認ができなければ、審査担当者も不合格とせざるを得なくなります。
また、単なる間違いでも、信用力に問題があると判断されるかもしれません。
最近では、インターネットを利用した申込も一般的になっています。
パソコンで文字などを入力する際に、間違いを犯す方も多くいらっしゃいます。
自分のメールアドレスを間違えてしまうと、審査結果を受け取ることもできません。
急いでいるあまり、申込内容を間違えないようにしなくてはいけません。
内容は何度も確認して、単純なミスを防ぐようにしましょう。
当然、申込用紙に記入する際には、丁寧な字体を心がけるようにしましょう。
○複数の先に、一度に申込を行っていないか。
どうしても借りたい気持ちからでしょうか、続けていくつもの会社に申込を行う方も多くいらっしゃいます。
前にも説明しましたが、カードローンの申込は「個人信用情報」に登録されます。
概ね過去6ヶ月間の申込履歴が記録され、審査上での確認項目となっています。
短期間にあまり多くの申込が確認されると、審査担当者の不審を招くことになります。
「一度にたくさん借りて、すぐに逃げてしまうのでは」
「お金に困っているから、こんなに申込をしているのでは」
このような疑問を持たれると、審査に合格することは難しくなります。
カードローンの申込は、必ず1社づつ行うようにしましょう。